診療所と病院の違いとは?診療所が担っている役割についても紹介!

風邪を引いたり、体調不良のときには、医療機関で診てもらいますよね。
「病院」「医院」「クリニック」「診療所」といろいろな場所があり、行かれる人によって異なるかと思います。医療機関の中でも、病院と診療所では大きな違いがあることをご存知ですか?

今回は様々な医療機関の中でも「診療所」に注目し解説しています。

診療所とは?

診療所とは医療機関の1つであり、
主に外来患者に対して医師もしくは歯科医師が診察を行う場所とされています。
また「クリニック」や「医院」といった医療機関を街でも見かけたことがあると思いますが、医療機関の分類は法律上は存在せず「診療所」として分類されています。

では、「なぜ診療所と名乗らないの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

それは、診療所という言葉は医療機関を表す言葉として馴染みが少なく一般的とはいえないからです。医療機関として認知してもらうために、診療所として分類されている場所は「クリニック」や「医院」という名前が使用されています。

クリニックや医院が診療所と同じ分類だということがわかりましたね。
では、病院診療所の違いについて次の見出しで説明していきます。

「病院」と「診療所」の違い

冒頭でも病院と診療所には大きな違いがあると説明しましたが、
この見出しで詳しく説明しています。

病院

病院は医療法により、以下のように定められています。

  • 20人以上の入院施設を備えている施設であること。
  • 医師や看護師、薬剤師などの医療職員の人員配置の人数が規定以上であること。


診療所

診療所は医療法により、以下のように定められています。

  • 医師または歯科医師が、公衆または特定多数人のため医業または歯科医業を行う場所であること。
  • 患者を入院させる施設を有しない、または19人以下の患者を入院させるための施設を有すること。
  • 管理者である医師1名がいれば、配置人数に規定がない。


診療所の役割とは?

診療所が外来時患者中心、病院は入院患者中心という機能分担をしています。
診療所は、病気の初期治療や安定期の治療、在宅患者の治療を主に担当し、その他の複雑な病気に対する治療や高度医療機器を使用した診断および治療は病院が担当することになっています。

診療所と病院はお互いに機能分担しており、それぞれ役割があり支え合っている存在といえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
診療所とは、医療機関の1つであり「クリニック」や「医院」も同じ分類です。
また、外来患者様を中心に診察していることも特徴といえるでしょう。
症状などによっては、専門的な診断を受けるために病院へ行くことをおすすめしますが、診療所も病院と連携を取っているので、病院で診察した方がいいと判断された場合は、病院を紹介してもらうこともできます。

ご自身の体調に合わせて、医療機関を使い分けてみてはいかがでしょうか。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。