整骨院ってどんな場所?柔道整復師の仕事について解説!

最近では、整骨院も街で見かける事も多くなってきましたが、それだけ需要が高まってきているということでしょう。
しかし、整骨院がどんな場所なのかご存知でしょうか?
この記事では、整骨院という場所がどんな場所でどういった人が働いているのかについて解説しています。

整骨院への就職を目指している方や整骨院ってどんなことをするの?と疑問に思われている方は、ぜひご一読ください。

整骨院ってどんな場所?

整骨院とは、どんな場所かご存知でしょうか?
どんな人が施術を行うのか、どんな対応なのか気になる人もいるのではないでしょうか。

この見出しでは、整骨院という職場について解説しています。

整骨院とは

整骨院とは、柔道整復師という国家資格を取得した人だけが、開業する権利を与えられる厚生労働省が認可している施術所になります。そのため、整骨院では柔道整復師が「柔道整復術」と呼ばれる施術方法で痛みや症状の改善を図ります。

業務内容

主に、打撲捻挫脱臼骨折などにより損傷した、筋肉神経靭帯に対し、手術や注射、投薬などではなく、日本古来から伝わる伝統的な施術方法で対応を行います。
柔道整復師は医師ではないため、治療行為を行うことができません。施術という、医業類似行為で症状の改善を図ります。

整骨院で働くためには

整骨院で施術者として勤務するためには、柔道整復師という国家資格を取得しなければいけません。
国家資格を取得するために、専門学校や4年制大学、3年制短大の養成施設で3年以上知識や技術を学び修了していなければいけません。修了することで、国家試験に受験する権利を与えられ、合格すると柔道整復師という資格を得られます。

無資格では働けないの?

整骨院では、柔道整復師以外にもあん摩マッサージ指圧師鍼灸師と呼ばれる資格保有者が勤務しています。施術を行うことができるのは、資格を取得している者だけです。
しかし、学生のうちに現場を経験したい人も多く、整骨院によっては施術補助事務といった施術以外の募集をしている場所もあります。資格保有者の技術を見ることができるため、整骨院への就職を目指す人は求人を探してみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。整骨院は厚生労働省より認可されている施術所であり、整体院やマッサージ院と違い、柔道整復師による柔道整復術という施術を受けられる場所です。日常の怪我から交通事故で負った怪我まで対応してくれます。
柔道整復師の需要は高まってきており、整骨院以外にも接骨院や整形外科、スポーツトレーナー、介護施設といった就職先があります。

柔道整復師という仕事に興味がある人は、以下の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。
▶︎参考:柔道整復師とはどんな職業?仕事内容や活躍できる現場を紹介!

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。