病院の受付業務とは?人気のある医療事務の仕事や資格について解説!

特別必要な資格はなく、長期間勤めることができる医療事務は女性に人気の高い職業です。
医療現場に必要な存在ですが、医療事務として勤務している人がどのような仕事をしているのか知っていますか?

今回は医療事務が行っている仕事について解説しています。

医療事務が行う仕事とは?

医療事務として勤務している人たちは、
1日を通してどのような仕事をしているのかご存知でしょうか?
受付業務はもちろん、その他にも多くの業務をこなしながら働いています。

この見出しでは、業務内容について紹介しています。

受付業務

患者様が最初に利用する場所が受付です。
初めて来院する人にとっては、受付が病院のイメージとなるといえます。
そんな受付では、患者様から診察券や保険証を受け取り確認を行います。初診患者には問診票を記入してもらい、記入していただいた内容をもとに基本情報を登録したり、症状に適した診療科を案内します。

主な業務は、診察券や保険証の確認、次回の診療日の予約を行います。

会計業務

診療後、カルテに記載された内容をもとに医療保険の点数を計算します。
計算はもちろん、窓口で会計を行ったり、精算機での支払いを希望する人には精算機の案内も行います。薬の処方箋を渡すこともあります。

会計業務は電子化が進んでおり、今後より自動化していくといえるでしょう。

レセプト業務

患者様が窓口で支払うのは医療費の1~3割程度です。
残りを医療保険の保険者である自治体や保険組合に請求するためのレセプトを作成します。

レセプトとは診療報酬明細書で、月の10日までに前月の1ヶ月分を作成します。

外来クラーク業務

規模の大きい病院では、初診や再診の受付とは別に診療科ごとに受付が用意されています。
診療科の受付では、診察券の確認や診療室へのご案内、カルテの準備、検査データの準備を行いながらスムーズに進むようにサポートを行います。

病棟クラーク業務

入院施設のある大きな病院では、ナースステーションにて医師や看護師と一緒に働いています。患者の入退院の書類上の手続きや病室の手配、カルテの管理、入院患者の名簿作成、面会者の受付などを行います。

以上4つが医療事務の主な仕事となります。
就職先によって仕事内容が変わることもあるので、事前に確認しておくといいでしょう。

医療事務って無資格で働けるの?

医療事務国家資格ではないため、資格がなくても働くことができます。
キャリアアップスキルアップを目指すために資格を取得しようとした場合、民間資格であれば主に4つの資格に分けられます。

4つの医療事務資格について解説していきます。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

メディカルクラーク(R)といわれる医療事務技能審査試験は、医療機関での受付業務や診療報酬明細書の作成など、事務業務のスキルや良質なサービスの提供として患者接遇などの高い専門技能が求められます。
日本最大級の医療事務試験としても知られ、日本医療教育財団の主催によって実施されており、医療業務に関する業種能力と知識を判断するものであり、40年以上の歴史がある医療事務資格の中でも最も有名な資格となります。

  • 試験日  :毎月1回(年12回)
  • 受験資格 :受験資格は特になし
  • 受験科目 :学科試験と実技試験
  • 受験手数料:7,500円(消費税込)


医療事務 管理士技能認定試験

医療事務管理士技能認定試験」は日本で最初にできた医療事務資格となり、医療機関にも幅広く認知されている資格になります。
技能認定振興協会(JSMA)が実施する試験になり、主に医療保険制度診療保険の仕組みについての知識を持ち、正確な算定ができる能力と技術を証明するものとなります。
この資格を取得することによって、患者受付や治療費の計算、診療報酬明細書の作成、カルテの管理といった医療事務業務をサポートするポジションにつくことできます。

  • 試験日  :奇数月第4土曜日実施
  • 受験資格 :受験資格は特になし
  • 受験科目 :学科試験と実技試験
  • 受験手数料:7,500円(消費税込)


診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験とは、診療報酬請求事務に従事する者の資質向上を図るため、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する全国統一試験のことになります。

厚生労働省が唯一認定した資格となります。

  • 試験日  :7月と12月の年2回、日曜日または祝日
  • 受験資格 :受験資格は特になし
  • 受験科目 :医科と歯科に分け、学科試験と実技試験
  • 受験手数料:9,000円(消費税込)


医療事務認定実務者試験

医療事務認定実務者試験とは、学科および実技の試験を通して、接遇とマナーなど医療機関における各種制度や医療事務業務の流れといった受付業務に求められる知識とスキル向上を目的としています。

  • 試験日  :毎月1回(年12回)
  • 受験資格 :受験資格は特になし
  • 受験科目 :学科試験と実技試験
  • 受験手数料:5,000円(消費税込)


資格を取得することのメリット

医療事務で働くために資格は必須ではありません。
しかし、資格を取得していることでキャリアアップや就職などに有利に働くメリットがあります。就職が有利になることで、増給を期待することができます。医療事務は専門的な知識を必要とするため、資格保持者であれば即戦力として活躍を期待されることもあります。

また、今後働こうかと考えている未経験者でも資格を取得しておく方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
医療事務は正社員やパートの求人数も多いうえ、
資格がなくても働くことができるため人気のある職業です。
また、資格を取得することでキャリアアップや転職にも有利に働きます。
勤務する場所によって必要とされる資格も異なります。
医療事務として長く勤めていこうと考えているなら、資格を取得した方がいいでしょう。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。