病院ってどんな場所?定義や役割、医療職員についても解説!

病院の役割や定義をご存知ですか?

私達住民にとって、医師や看護師その他の医療職員はなくてはならない存在です。病院も一般病院や大学病院と、病院を掲げていてもそれぞれの施設ごとで定義が異なります。

今回は「病院」にスポットをあて
役割や定義、どんな医療職員が勤務できるのかを解説しています。

病院とは

病院といっても、街の小さな病院から総合病院大学病院といった規模の大きな場所などさまざまです。場所によって行える治療も違えば、役割も大きく異なります。

ここでは、病院としての定義や役割、違いについて解説しています。

病院としての役割とは?

病院は住民にとって、なくてはならない必要な場所です。
そんな、病院の役割についてご存知でしょうか?

病院は、診断や治療行為を行いますが、外来患者に対して診療所の役割も担っています。

病院の定義

病院とは、疾患または外傷を負っている人を収容し診断及び治療を行う施設です。
医師や看護師、その他従業員などの人数は施設の種類や患者数によって定められています。

一般病院

一般病院とは、医師または歯科医師が公衆または不特定多数の人に対して、医業や歯科医業を行う場所となり、病床数20床以上の収容施設のことを一般病院といいます。

病床数が19床以下の場合や病床を持たない施設は、診療所と区分されます。

大学病院

大学病院とは、総合大学の医学部歯学部または、医科大学が附属している病院のことを指します。大学の附属病院とも呼ばれます。

病院と比べて、より高度な医療を必要とする患者を対象に治療を行っています。

総合病院

総合病院とは許可病床数100床以上で、最低でも「内科」「外科」「産婦人科」「眼科」「耳鼻咽喉科」の5科を含む診療科がある病院を指します。

病院の人員配置

病院や介護施設などでは、入院患者や入所定員の数に対して、医師や看護師などの人員配置が厚生労働省より定められています。

厚生労働省のデータを基に、患者者数に対する医療職員の人数を表を利用して紹介します。

一般病棟

医療職員 人員配置
医師 患者16人に対して1人
看護師及び准看護師 患者3人に対して1人
栄養士 患者100人以上に対して1人


療養病棟

医療職員 人員配置
医師 患者48人に対して1人
看護師及び准看護師 患者4人に対して1人
看護補助者 患者4人に対して1人
栄養士 患者100人以上に対して1人


外来(一般病院)

医療職員 人員配置
医師 患者40人に対して1人(※)
看護師及び准看護師 患者30人に対して1人
栄養士 患者100人以上に対して1人

※耳鼻咽喉科、眼下に係る一般病院の配置標準は80:1

特定機能病院

医療職員 人員配置
医師 患者8人に対して1人
看護師及び准看護師 患者2人に対して1人
栄養士 管理栄養士1人


外来(特定機能病院)

医療職員 人員配置
医師 患者20人に対して1人
看護師及び准看護師 患者30人に対して1人
栄養士 管理栄養士1人


病院で働くことができる職種

病院という施設は、様々な国家資格民間資格を取得した人が勤務する場所になります。
「どんな人が働いているの?」と聞かれると、医師や看護師といった職種を思い浮かべるかと思います。しかし、病院には医師や看護師以外にも専門的な資格を取得した人が働いています。

この見出しでは、病院で働くことができる職種について解説しています。

医療職種

病院に勤務している医療職員は以下の資格を取得した人たちになります。

  • 医師     :医師免許を持ち、病気の診療や治療を行う。
  • 歯科医師   :歯の治療、保険指導、健康管理などを行う。
  • 薬剤師    :処方箋に基づく調剤や服薬説明を行うほか、薬の販売及び相談を行う。
  • 保健師    :母子の健康を守るため、一連の管理及び指導を行う。
  • 看護士    :患者の診療補助や患者の日常生活の援助を行う。
  • 准看護師   :医師または看護師の指示を受け、療養上の世話や診療上の補助を行う。
  • 診療放射線技師:放射線を照射して、診療画像や放射線治療を行う。
  • 臨床検査技師 :患者の血液や尿などの検体や脳をはじめとし、身体の検査を行う。
  • 衛生検査技師 :医師の指導監督のもと、血液・血清・細菌・微生物・寄生虫の検査を
            病理学的および生化学的に検査を行う。
  • 理学療法士  :身体の基本的な機能回復をサポートを行う。
  • 作業療法士  :日常生活の動作などを通し、身体と心のリハビリテーションを行う。
  • 視能訓練士  :小児の弱視や斜視の視能矯正や視機能の検査を行う。
  • 臨床工学技士 :生命維持管理装置の操作や各種医療機器の保守・点検や使い方の指導を行う。
  • 義肢装具士  :医師の指示の下、義肢及び装具の装着部位の採型並びに
            義肢義肢及び装具の製作及び身体への適合を行う。
  • 救急救命士  :医師の指示の下、救急救命処置を行う。
  • 言語聴覚士  :聴力や音声機能、言語機能の検査及び訓練や助言を行う。
  • 歯科衛生士  :歯科予防処置・保健指導・診療補助などの歯科医療業務を行う。
  • 歯科技工士  :入れ歯、歯の被せ物、歯の詰め物、矯正装置などの作成や加工、修理を行う。
  • あん摩マッサージ指圧師:あん摩、マッサージ、指圧の各手技を用いて、不調の改善を行う。
  • はり師    :鍼を使用し、刺激を与えて痛みや筋肉の凝り、血行促進を図る。
  • きゅう師   :もぐさを使用し、ツボに熱刺激を与える。
  • 柔道整復師  :骨折や脱臼などの怪我に対して手術をせず、整復・固定などの治療を行う。
  • 精神保健福祉士:相談や生活支援、助言、訓練、社会参加の手助け、環境調整などを行う。


専門職

医療職員以外にも、専門職員が勤務しています。
専門職は以下の通りになります。

  • 社会福祉士  :福祉現場において支援を必要とする人の相談に乗ることが主な仕事。
  • 介護福祉士  :直接要介護者に対して介護サービスを提供するのが仕事。
  • 介護支援専門員:要介護者や要支援者、家族などの相談を受け、要介護者等が状態に応じた
            介護サービスを受けられるよう支援を行う。
  • 管理栄養士  :健康な方の健康増進のため、持てる技術や知識で栄養指導や栄養管理を行う。
  • 栄養士    :主に健康な方を対象にして栄養指導や給食の運営を行う。
  • 健康運動指導士:安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成及び実践指導計画の
            調整等を行う。
  • 診療情報管理士:カルテをはじめとした診療情報を管理する仕事。
  • 医療事務   :医療機関で患者様の応対や医療費の計算をし保険者に診療報酬の請求を行う。


まとめ

いかがでしたか。病院と一口に言っても、「一般病院」「大学病院」「総合病院」など様々な施設があります。施設ごとで行える治療の範囲が違えば、入院患者の受け入れ人数や医療職員の人員配置も異なります。

ジョブキュアでは、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師の求人を多く取り扱っています。整骨院や接骨院だけではなく、勤務先は多種多様にご用意ございます。

就職や転職を考えている方は、ぜひジョブキュアをご活用ください。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。