整骨院の面接で準備するべき4つのこと!質問内容や持ち物など

整骨院への就職を目指すにあたり、面接は必ず受けなければいけません。
しかし、整骨院での面接はどのように準備しておけばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、整骨院での面接前に準備しておくべきことについて詳しく解説していきます。

面接に向けて準備するべき4つのこと


整骨院の面接に向けて、事前に準備するべきことについて解説していきます。

面接に向けての準備①:面接でよく聞かれる質問の対策

面接でよく聞かれる質問について、どのように答えるのかをあらかじめ考えておくとスムーズに話しやすくなります。
応募先の整骨院ならではの特徴や治療方針について、しっかりと調べた上で考えましょう。

整骨院の面接の場合、以下のような質問をされることが多いです。

  • 将来の目標はあるのか
  • この業界を目指した理由
  • この整骨院を選んだ理由

▶︎参考:面接でよく聞かれる質問の対策法はこちら

面接に向けての準備②:身だしなみ

社会人のマナーとして、面接に臨む際はスーツの着用が基本です。
相手を不快に思わせない清潔感のある見た目が大切であるため、スーツやワイシャツはシワ・汚れ・臭いなどがないようにクリーニングに出しておきましょう。

髪型については、男性は短髪に、女性は髪が長い場合はひとつにまとめておくと、表情がよく見えて好印象を与えられます。

服装や髪型だけでなく、足元もよく見られるポイントです。
キズや汚れがないかを確認し、事前にしっかりと手入れをしておきましょう。

面接に向けての準備③:面接場所までの経路を確認

整骨院の面接は、院内で行われることがほとんどです。
面接時刻に遅れてしまっては迷惑がかかるだけでなく、社会人として悪い印象を与えてしまうことがあります。

整骨院が慣れない場所にある場合は、道に迷わないよう事前に地図で場所を調べたり、下見したりすることをおすすめします。
また、交通機関の乱れによる遅刻の可能性も考えておき、交通手段を複数ピックアップしておくとよいでしょう。

面接に向けての準備④:持ち物を確認

整骨院での面接は、基本的に履歴書とメモ・筆記用具を持っていきます。
メモ・筆記用具はできるだけシンプルなデザインのものを持っていきましょう。

また、持ち物を入れるカバンにも注意が必要です。
面接時に持っていくカバンは、黒のビジネスバッグが基本です。派手な色のカバンやリュックサックなどは避けましょう。
A4の書類を折らずに入れられるくらいの大きさがベストです。

面接時には実技チェックが行われる?

整骨院の面接では、現状確認のために実技チェックが行われることがあります。

柔道整復師の場合は、保険適用内の10~15分のマッサージやテーピング、包帯などをチェックします。
鍼灸師の場合は、1部位だけ鍼を打ったり、簡単な指圧を確認したりすることが多いです。

実技がどうしても難しい場合は正直に伝えて、「これから勉強していきたい」という向上心を見せましょう。

実技だけでなく、整骨院で働くには利用者へのコミュニケーション能力も重要です。
実技チェック中には質問をしたり、コミュニケーションをとることでプラス評価につながることもあります。

学生で実技に慣れていない場合は、、友人や家族、学校の先生など周囲の人に協力を得て備えておくとよいでしょう。

まとめ

整骨院での面接の日程が決まったら、当日に備えて質問の対策や身だしなみ、経路、持ち物などの確認をしっかりと行いましょう。
また、実技チェックも行われることが多いため、対策しておくことをおすすめします。

事前に入念な準備をしておくのとしておかないのとでは、採用の結果が大きく変わってきます。
これから整骨院での面接を受ける予定のある方にとって、今回の記事が参考になれば幸いです。

前の記事

error: このコンテンツは保護されています。