整骨院での面接マナーを解説!電話応募から面接中の話し方まで

これから整骨院への就職・転職活動を始める方にとって、面接におけるマナーはしっかりと把握しておきたいですよね。

今回の記事では、面接の応募を電話でする際のマナーから、面接当日のマナー、質問の受け答え中に見られるポイントも解説していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

まずは面接の応募から!電話をかける際の注意点

整骨院の求人情報を見て、面接の応募を電話でする場合、その時点ですでに面接が始まっていると言っても過言ではありません。
まずは、整骨院に電話をかける際のマナーや電話をかける前に準備しておくことについて解説していきます。

電話をかける前に準備すること

電話をかける前に、面接の日程や持ち物などを書くメモ用紙と筆記用具、カレンダーや手帳など自分のスケジュールが確認できるものを用意しておきましょう。
また、求人情報に書いてある内容と同じ質問をしない為にも事前にしっかりと目を通しておきます。

準備ができたら、静かで電波のよい場所を選び、実際に電話をかけます。

電話をする時間帯

整骨院の場合、朝や治療中に電話をかけることで迷惑になってしまう可能性があります。
求人情報に電話受付時間が書いてある場合はその時間帯にかけ、書いていない場合は午前診療が終了した1時間後~午後診療が始まる30分前にかけるのがよいでしょう。

話す際の注意点

電話をかけたら、ハキハキとした声では挨拶をして自分の名前を名乗りましょう。
次に、求人媒体名や職種名、採用担当者名を告げます。
面接の日程、持ち物などの重要事項をメモするときは、必ず担当者から言われたことを復唱してください。

電話に苦手意識があり、不安な方はあらかじめ話すことをまとめた台本を用意してもよいでしょう。

面接当日のマナーについて

整骨院での面接は、院内で行われることがほとんどです。
だからこそ、マナーには特に気を付けなければいけません。

身だしなみで第一印象が変わる

面接を受けるにあたり、第一印象はとても大切です。清潔感や誠実さががなく、相手に不快感を与えるような見た目ではそれだけで不採用になってしまう可能性もあります。

まず、服装は男女ともにスーツが基本です。
シワや汚れがなく、自分のサイズに合ったものを着ましょう。
男性の場合は髭を剃り、髪を短く切っておくことで清潔感が出ます。
女性の場合は、髪の毛が結べる長さまであればひとつにまとめておきます。

▶︎参考:身だしなみの詳細についてはこちら

必ず遅刻をしないこと

整骨院は、休憩中や診療時間の合間に面接の時間を確保してくれているため、面接時刻に遅れるるようなことはないように気を付けましょう。
面接時刻の5~10分前に到着するのがベストです。

道に迷わず、スムーズに整骨院へ行けるように、あらかじめ経路の下調べを
しておくとよいでしょう。

もしも電車の遅延でやむを得ず遅れてしまいそうになったら、早めに電話を入れましょう。
到着したら、しっかりとお詫びの気持ちを伝えることが大切です。

いよいよ面接開始。質問の受け答え中に見られるポイントとは

院長や採用担当者によい印象を与えるために、質問の受け答えや細かな仕草について気を付けておきたいポイントがあります。

正しい言葉遣いでハキハキと話す

質問に答えるときは、切な敬語で、相手が聞き取りやすい声でハキハキと話す適ことを意識しましょう。
また、採用する側としては協調性のある人材を求めているため、笑顔で話すことで面接の空気が明るくなり、よい印象を与えることが出来ます。

面接中は緊張してしまいがちですが、あらかじめ面接でよく聞かれる質問に対する受け答えを考えておくとスムーズに話しやすくなります。

面接でよく聞かれる質問例

面接でよく聞かれる質問例としては、以下の通りです。

  • 将来の目標はあるのか
  • この業界を目指した理由
  • この整骨院を選んだ理由

▶︎参考:面接でよくある質問の対処法についてはこちら

相手の目を見て話す

面接中は、相手に目線を向けるようにしましょう。
視線が泳いでいたり、うつむいていたりすると、自信がないという印象を与えてしまう可能性があります。
相手が複数いる場合は、質問した採用担当者に視線を向けるのが基本ですが、他の採用担当者にもまんべんなく視線を向けます。

まとめ

面接の応募をするため、整骨院に電話をかけるときは、スムーズにやり取りをするためにメモやスケジュール帳を用意しておきます。
迷惑がかからない時間帯を意識して、朝や診療中の電話は避けましょう。

面接当日はスーツを着用し、身だしなみを整え、相手に清潔感を与えることで評価もプラスされる可能性があります。
自分のアピールポイントや志望動機などをしっかりと伝えるために、あらかじめ質問に対する受け答えを準備しておくことが大切です。

これから整骨院への就職を考えている方にとって、今回の記事が参考になれば幸いです。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。