整骨院の面接時の服装とは?男女別の身だしなみポイントやNG例

整骨院の施術者として就職するには避けて通れない面接。
スーツか私服か、どのような服装で面接に行けばよいのか、悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、整骨院での面接に適した服装や身だしなみのポイント、NGとされる服装について解説していきます。

整骨院の面接には何を着ていくべき?

整骨院でスーツは着ないし、私服で面接に臨んでもよいのではないか?と考えてはいないでしょうか。

採用担当者は、応募者の人となりを判断するための要素として、身だしなみも厳しく見ています。
整骨院の場合でも、ジーンズやTシャツなどラフな格好は避け、スーツを着て面接に臨むことが社会人としてのマナーです。
アルバイトやパートの場合でも、スーツを着る方が無難といえます。

男女別で解説!身だしなみのポイント

ここでは、気を付けるべき身だしなみのポイントについて男女別に詳しく解説していきます。
スーツを着る際は、ぜひ参考にしてみてください。

男性の場合

男性の身だしなみで気を付けるべきポイントは、以下の通りです。

  • 髪型:髪色は黒が基本です。短髪にすると、表情がよく見えるだけでなく、清潔さをアピールできます。
  • スーツ:スーツは黒や紺、明るすぎないグレーなど落ち着いた色を選びましょう。ボタンは2つ、3つどちらのタイプでも大丈夫ですが、一番下のボタンは外しておきましょう。
  • ワイシャツ:白のワイシャツが基本です。袖の長さは腕を下ろしたときに上着から0.5㎝~1㎝程除く程度がよいでしょう。
  • ネクタイ:ネクタイはスーツの色味に合わせながら、派手すぎない程度の色を選びましょう。柄が入っているネクタイの場合、ストライプや小紋などのシンプルな柄が適切です。
  • カバン:黒・茶・紺のビジネスバッグが適切です。大きさはA4サイズの書類が折れずに入るものを選びましょう。リュックサックは、面接の場には適していません。
  • 靴下:黒・グレー・紺のシンプルなデザインの靴下がよいでしょう。院内に入る際、靴からスリッパへ履き替える整骨院もありますので、靴下にも気を配りましょう。

女性の場合

女性の身だしなみで気を付けるべきポイントは、以下の通りです。

  • 髪型:髪色は黒が基本です。前髪が目にかからないようにし、後ろ髪が長い場合は一つにまとめましょう。
  • メイク:リップやチークを使い、明るく健康的な雰囲気を見せるようにしましょう。
  • 服装:黒やグレーのスーツが基本です。ボトムはパンツ・スカートどちらでも問題はありません。インナーは白のシャツやブラウスが無難ではありますが、ブラウスがない場合はカットソーでもよいでしょう。
  • カバン:黒・紺・ベージュ・茶などのビジネスバッグが適切です。A4の書類が折れずに入るものを選びましょう。
  • :黒やこげ茶など、落ち着いた色のパンプス適しています。ヒールの高さは5㎝程度までのものを選ぶのがよいでしょう。
  • ストッキング:自分の肌の色に合った、ベージュのストッキングが基本です。装飾があるものや黒いタイツは面接には適していません。

面接時の服装でNGとされるポイント

整骨院に限らず、どの職種でも重要視されていることは「清潔感」です。
スーツを着ていたとしても、シワや汚れ、シミ、臭いがなどがあり、清潔感に欠けるものは採用担当者に悪い印象を与えます。
また、シルエットがダボっとしていたり、体に合わない細身のスーツも避け、自分の体に適したサイズのものを選びましょう。

服装以外にも、男性の場合は髭を伸ばしていたり、剃り残しがあったりすると不潔な印象を与えてしまいます。
女性の場合、結婚指輪以外のアクセサリーは外しておく方が無難です。
どうしても身に着けたい場合はシンプルなデザインのネックレスや、揺れないピアス・イヤリングを選びましょう。
また、長く伸びた爪やネイルアートはNGです。
香水は服装以上に好みが分かれますので、つけないことをおすすめします。

まとめ

面接では、質問に対する受け答えの対策を重視してしまいがちですが、身だしなみも厳しくチェックされる要素です。
相手に不快感を与えず、清潔さを感じさせるためにも、今回の記事で紹介した身だしなみのポイントを押さえ、面接に向けて準備していきましょう。

▶︎あわせて読みたい:履歴書の正しい書き方

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。