セラピストの平均年収とは|将来的に収入アップを見込める職業?

ストレス社会といわれる現代において、人に癒しを与えるセラピストは人気のある職業です。しかし、セラピストとしての年収や給与が気になる方も多いと思います。一般的にセラピストとしての収入は低いといわれていますが、平均的な数字をもとに年収や給料について知りましょう。

今回は、平均年収・給与についてと給与のアップを見込むためにできる方法を解説しています。

セラピストの平均年収はいくら?

実は、セラピストとしての平均年収は200万円~300万円と低いのです。
月給で計算すると16万円~25万円ほどで、この金額からさらに税金などが引かれるため、決して高い給料を稼げる仕事とはいえません。

セラピストの平均を知ると職業を目指すことに躊躇してしまうかもしれませんが、働き方によって収入が大きく変わる仕事でもあります。

給付形態によっても大きく異なる

どの職業でもですが、正社員なのかアルバイトなのかによって収入は変わります。
また正社員の場合、固定給歩合制のどちらを採用しているのかによって異なります。

正社員とアルバイトの違いについて解説しています。

固定給か歩合制で違う

正社員として勤務する場合、固定給もしくは歩合制のどちらを採用している勤務先なのかで変わります。
固定給の場合、仕事内容が増えたとしても給与の変動はありません。 しかし、毎月決まった給与を受け取ることができるので安定した収入を見込めることがメリットといえます。
歩合制の場合、施術を多くこなしたり、指名数が増えることで給料の増額があります。
そのため、人気セラピストであれば給与相場よりも高収入を得ることができるメリットがあります。しかし、施術の数をこなせなかったり、指名をしてもらえなければ歩合制の店舗で働くにはリスクが大きすぎます。働いた分、そのまま給与に反映されるため固定給よりも下回る可能性も考えられます。

最初は、固定給の店舗で技術を磨き経験を積んだ後歩合制の店舗に転職する方が多いです。

アルバイト

アルバイトで勤務する場合、勤務時間×時給金額の時給制で給与が変わります。
そのため、残業しても給与が発生することになります。また、正社員とは違い施術件数サロンの売り上げなどによって給与が変わることはないため、一定の金額は補償されている状態といえるでしょう。

しかし、全国的にアルバイトの時給は低く、一定以上の収入を得ることが難しいともいえます。

勤務先でも給与は変動する?

セラピストが勤務できる職場は、セラピーを専門としている場所だけとは限りません。
ホテルや旅館施設でも1つのサービスとして提供している場所があります。
ホテルや旅館では専門店に比べ、1回の施術料金を高く設定している場所も多いうえ、お客様のタイミングで利用していただけるように営業時間が長いことも関係し給与が高く設定されています。

しかし、セラピーを目的として施設を利用される訳ではないため、繁忙期や閑散期などの時期によって集客率を見込むことが難しく、収入が安定しないというデメリットがあります。
勤務するホテルや旅館によっては格式を重んじている場所もあり、お客様に接するマナー言葉遣いなど細心の注意を払わなければいけない場合もあります。

給料をアップさせる方法

セラピストとして働いていれば、誰しもが給与のアップを希望すると思います。
給与の増額を見込むために、ご自身ができることはなんでしょうか?

この見出しでは、給料をアップが見込める3つの方法について紹介します。

①セラピストに関する資格を取得する

収入を上げたいと考えたとき、資格を取得することが1番身近な方法だと思います。
給与のアップを目指すならAEAJ公益社団法人日本アロマ環境協会などの資格を取得することを検討してみてはいかがでしょうか。

AEAJ公益社団法人日本アロマ環境協会で取得できる資格

日本アロマ環境協会が主催するアロマテラピー検定で取得できる資格は以下の通りです。

  • アロマテラピーアドバイザー
  • アロマテラピーインストラクター
  • アロマセラピスト
  • アロマブレンドデザイナー
  • アロマハンドセラピスト

資格を取得しただけでは給与の増額を見込むことは難しいので、早い段階で資格を取得し技術を身につけることが重要です。

②エステティシャンの資格を取得する

セラピストの資格以外に、エステティシャンの資格を取得することも給与を上げることに繋がります。エステティシャンは、人体の構造や化粧品、美容機器に関する専門的な知識を必要とします。

エステティックスクールなどの養成施設に通う必要がありますが、エステティシャンは安定して高収入を得られる可能性のある職業です。エステティシャンとして上を目指すなら、技術を磨いたり、認定エステティシャンAEA認定エステティシャンなどの資格を取得するといいでしょう。

③独立・開業する

給与を上げるための3つ目の方法は開業することです。
セラピストが独立した場合の平均年収は300万円~400万円ほどといわれています。個人経営ではなく、従業員を雇うような規模の大きさであれば年収500万円以上を見込むことができます。

しかし、開業することはリスクを背負うことになります。

経営していくノウハウや施術者としての実力がなければ、赤字廃業の危機に陥ることもあります。

セラピストについて

セラピストといってもさまざま職種があります。
大きく分けて治療系リラクゼーション系に分類されます。

セラピストの種類

どんな職種があるのか、いくつか紹介します。

●アロマセラピスト

天然の植物から抽出したエッセンシャルオイル(植物性香油)を使用して、アロマテラピーの施術を行う仕事。

●リンパケアセラピスト

リンパマッサージの技術を用いて心と体を癒すことを目的とした仕事。

●ボディケアセラピスト

神経や骨格の仕組み・構造の知識をもとに、身体の歪みを調整し、不調や症状をケアしていく仕事。

●エステティシャン

ボディケアやフェイシャル、脱毛、リフレクソロジーなどの施術を行い、肌や身体の悩みを解決し、より美しくする仕事。

●カラーセラピスト

色の生理的・心理的効果を活用して、心と体のバランスを整える色彩療法と呼ばれる仕事。

●メイクセラピスト

外見を綺麗にすることはもちろん、心理カウンセリングによって心理的にもサポートを行う仕事。

●フラワーセラピスト

仕事場や家庭などの身の回りに手軽に花を取り入れることで、やる気や集中力の向上を図る仕事。

●ハーブセラピスト

ハーブの効能や利用法について専門的に学び、癒しを提供する仕事。

などセラピストの職種は幅広くあります。

職種で変わる平均年収

セラピストにはさまざまな職種があることを紹介しましたが、職種によって年収も変わります。職種ごとの収入を紹介します。

  • アロマセラピスト  :平均年収250万円~400万円
  • 心理カウンセラー  :平均年収300万円~
  • ボディケアセラピスト:平均年収300万円~
  • エステティシャン  :平均年収300万円~400万円


まとめ

いかがでしたか。
セラピストの平均年収は低いですが、働き方や技術次第で収入アップを見込める職業です。
日常のストレスにより疲れた人に、癒しを与えるセラピストの仕事は人から感謝される、やりがいのある仕事でもあります。

どんどん上を目指して努力することができる人に向いている職業だと思います。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。