鍼灸師の将来性とは?今後活躍できる現場について解説!

鍼灸師という仕事は、年々活躍の現場に広がりを見せている職業です。
副作用の少ない身体に優しい施術法により、老若男女問わず受けられるため
最近では介護福祉やスポーツの現場でも必要とされています。

そんな鍼灸師ですが、
今後目指す上で将来性のある仕事なのか気になっている人もいるかと思います。
今回の記事は、鍼灸師としての仕事や活躍の現場の広がりについて解説しています。
現在鍼灸師を目指している方や鍼灸師としての仕事に興味がある方は、ぜひご一読ください。

目次


鍼灸師の仕事とは?

鍼灸師とは、はり師きゅう師2つの国家資格を取得している人がなることができる職業です。そのため鍼灸師という資格がある訳ではなく、はり師ときゅう師両方の施術を行うので呼ばれている名称になります。

そんな鍼灸師が
どんな業務を行っているのか」「鍼灸の効果とは何か?」について解説していきます。

鍼灸師の業務内容

鍼灸師は、全身にあるツボに鍼や灸を用いて刺激を与え、
さまざまな症状の改善予防健康回復を目的とした仕事です。
現代医学が発達する中で、鍼灸という東洋医学は需要があるのかと疑問に思われる方もいらっしゃいますが、副作用が少なく赤ちゃんから高齢者、妊婦さん、スポーツ選手まで老若男女問わず受けることができる施術法になります。

鍼灸はどんな効果があるのか

鍼灸の施術を受けることで改善が期待できる症状をご紹介します。

  • 小児疾患        :夜尿症、小児神経症、消化不良など
  • 運動器系疾患      :肩こり、腰痛、五十肩、腱鞘炎、頸椎症、テニス肘など
  • 感覚器系疾患      :眼精疲労、メニエール病、耳鳴り、難聴など
  • 循環器系疾患      :冷え性、低血圧症に伴う諸症状、本態性高血圧症など
  • 疼痛性疾患       :頭痛、坐骨神経痛、三叉神経痛、術後疼痛など
  • 泌尿器・産婦人科系疾患  :月経異常、更年期障害、不妊、逆子、失禁症など
  • 消火器・呼吸器系疾患    :便秘、下痢、鼻炎、扁桃炎、気管支喘息、食欲不振など
  • その他           :肥満、不眠症、自律神経失調症、顔面神経麻痺、片麻痺など

鍼灸師は将来性のある職業なのか?

鍼灸師という職業は、鍼灸院以外に活躍できる現場があるのでしょうか?
また、今後将来性のある職業といえるのでしょうか?

現在、鍼灸師が活躍している現場について解説していきます。

活躍している現場

以前までは鍼灸師が活躍する現場として、鍼灸院や整骨院、接骨院で働くことが多くみられていました。しかし、最近では介護福祉や美容、スポーツの現場にも鍼灸が取り入れられてきています。
現状をみても、鍼灸師が活躍できる現場は広がってきているといえるでしょう。

現在鍼灸師が主に活躍している現場は以下の通りです。

  • 鍼灸院・整骨院・接骨院
  • 介護福祉施設
  • スポーツジム・フィットネスジム
  • 美容鍼灸・エステサロン

紹介した活躍の現場の中から、介護福祉美容スポーツジム・フィットネスジムの現場で、鍼灸がどう活かされ活躍しているのかご紹介します。

介護福祉施設

鍼灸師が介護福祉施設でどう活躍しているのか想像できない人もいるかもしれません。
ですが、鍼灸の施術は薬アレルギーを患っている人にもアレルギー関係なく施術を行うことができます。投薬治療を行うことができない患者様にとって、唯一施術を行える方法といえます。

また身体への負担が少ない鍼灸は、高齢者の体力を奪うことなく施術を行うことができるため、介護福祉の現場において需要が高まってきています。

スポーツジム・フィットネスジム

最近では老若男女問わず健康意識の高まりがみられ、街ではスポーツジムやフィットネスジムを見かけることも多くなってきました。大手のスポーツジムだと併設して鍼灸整骨院を開業している場所も多く、身近に施術を受けられる環境ができてきています。

鍼灸師はトレーナーとして勤務していることも多く、アスリートのパフォーマンス向上やコンディショニングを上げるために鍼灸が用いられています。スポーツの現場でも、鍼灸師は必要とされる存在といえます。

美容鍼灸・エステサロン

美容鍼灸には、血液循環を促進し新陳代謝を活性化させ自然治癒力を高めることで、肌質改善リフトアップアンチエイジングなどの効果を期待できます。
また、内臓機能自律神経のバランスを整えリラックス効果を得るために美容鍼灸は用いられています。

不眠やイライラ、ホルモンバランスの乱れ、生理不順、不妊にも効果があると注目されているため、女性特有の悩みに対しても需要が高まっています。

まとめ

いかがでしたか。
鍼灸師という職業は将来性のある職業といえるのではないでしょうか。
以前と比べ、介護福祉や美容、スポーツ現場と活躍できる現場が広がってきているため、
就職先の選択肢が増えています。そのため、ご自身が興味のある分野で働くことも難しくありません。

鍼灸師を目指す人にとって、需要が高く将来性のある職業の1つだと思います。
今後も鍼灸師が活躍できる現場は広がりをみせるでしょう。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。