鍼灸師として開業する前に!失敗から学べる成功法について

開業をするということは、必ずリスクが発生します。
しかし、開業するならできる限り失敗をしたくないというのが本音ではないでしょうか。
どういう点が失敗に繋がるのか理解することで、解決策がみえてきます。

今回は、開業する際に失敗の原因を踏まえて成功に導く方法を解説しています。
鍼灸院を開業する前に、ぜひ一読していただきたい記事になっています。

鍼灸師が開業した時に失敗する3つの理由

鍼灸師として経験を積むことで、「開業」を視野に入れる人もいるかと思います。
しかし、開業するまでに事前準備をしっかりと行わなければ、いざ開業した際に、経営が軌道に乗らなかったり廃業に追い込まれたなどの理由でお店を閉めなければいけないという自体になりかねません。

そうならないために、失敗する理由を知りましょう。

①リサーチ不足

どの職業にもいえることですが、リサーチを十分に行わずして成功はないかと思います。
人気の店舗がどうやって集客を獲得しているのかなどを徹底的にリサーチし、良い点は見本とし、競合店と差が出せそうな点は独自の方法を導入する必要があるかと思います。

経営していく中で、競合店に対抗できる自分の強みを見つけ出すことが必要です。

リサーチを徹底して行わなければ、何が強みでどうすれば対抗できるのかという解決策を見つけることができず、多数ある鍼灸院の中に埋もれかねません。

②サービスの差別化ができていない

失敗する2つ目の理由は、①で紹介したことを実践に移せていないことにあります。
初めから競合店をリサーチし分析することなく、自分自身のやり方のみで経営を軌道に乗せることは難しいでしょう。

競合店をリサーチした上で、サービスの差別化をできる点を見つけなければいけません。

③作業の自動化ができていない

鍼灸院では従業員を多く雇うというより、個人で経営している場所がほとんどです。
そのため、施術以外の箇所をいかに自動化させることができるかが重要になってきます。最初の頃は、慣れないことも多く施術以外の作業にも終われることが予想されるため、自動化できるのであれば変えることをおすすめします。

予約受付を電話だけでなく、インターネットからでも出来るようにしてみたり、会計ソフトを導入し計算を自動化させてみたりと、できることは様々です。

失敗する理由を踏まえて

紹介した3つの理由は、いずれも事前準備を徹底すれば防ぐことができることです。
せっかくの開業を失敗させないためにも、常に競合店を意識する必要があるかと思います。

鍼灸師が開業を成功させる2つの方法

失敗する3つの理由について紹介しましたが、
上記の内容を踏まえて成功させる2つの方法について解説します。

①ビジネスの視点をはっきりと持つ

鍼灸師は手に職をつけた国家資格者ですが、ビジネスに関しては素人同然です。
開業には多額の資金を必要とするため、お金を循環させられるビジネスの視点や考えができなければ、経営していくことは厳しいでしょう。

お客様を集客し、金銭を得ることを循環させることでビジネスが成り立ちます。

②常に変化すること

ビジネスに絶対はありません。
常に世の中の流れは移り変わり、日々求められるものが変化しています。
1年前は成功していたことが、1年後も通用するとは限りません。
リサーチを怠らず、時代のニーズに合わせて経営方針を変化させることが大切だといえます。

ニーズに合わせて変化させたことが成功したならそのまま続け、手ごたえがなければ再度リサーチを変化させていくことの繰り返しが重要です。

まとめ

いかがでしたか。開業を不安に思わない方いないかと思います。
どの職業にもいえますが、失敗には必ず理由があります。
開業前にどれだけリサーチを行い、競合他社とどれだけ差がつけられるのかが重要です。

開業後、もし経営が軌道に乗らない場合、改善を必要とする箇所があるということだと思います。そんな時は、徹底的にリサーチして改善点を探すべきでしょう。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。