「整体師」と「柔道整復師」は何が違う?業務内容や就職先について解説!

「整体師」と「柔道整復師」という2つの職業は一緒だと思われている方も多くいらっしゃいます。
しかし、2つの職業には大きな違いがあり行える業務内容も異なります。
今回は混同されやすい「整体師」と「柔道整復師」の内容について解説しています。

整体師を目指している方や整体師について知りたい方は、ぜひご一読ください。

目次


「整体師」と「柔道整復師」の違いとは?

整体師」と「柔道整復師」この2つの職業は混同されやすく、
ほとんど一緒の仕事だと思われがちです。
しかし、実際には業務内容や必要とする資格が全く異なります。
大きな違いとして、整体師は「保険適用外」の施術、柔道整復師は「保険適用」した施術ができるということです。

この2つの職業の違いについて、さらに詳しく解説していきます。

整体師の仕事

整体師は人の手や足を使い関節や骨格の歪みを矯正し、不調を整えること目的とした仕事です。
日常生活での姿勢などにより、歪みやズレが生じています。
骨や筋肉の圧迫を改善することにより、人間が本来持っている自然治癒力が高まり腰痛や肩こりといった症状に効果が期待できます。

整体師に必要な資格は?

施術者を目指すには”資格が必要”だと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、整体師を目指すにうえで取得しなければいけない必要な資格というものはありません。
では、整体師は知識もなく施術を行っているのかというとそうではありません。

知識もなく施術を行うことはできないので、独自で勉強をしたり養成学校に通い知識や技術を学び、民間資格を取得する人がほとんどです。

  • 民間資格とは?
    民間団体や企業が独自の審査基準を設け、任意で認定を行う資格のことです。

柔道整復師の仕事

柔道整復師は、骨折や脱臼、打撲、捻挫などの怪我により、損傷を受けた骨や関節、筋肉、靭帯などの箇所に対し、柔道整復術と呼ばれる施術を用いて不調や症状を改善させることを目的とした仕事です。
手術や注射、投薬を行わない対応のため、身体に優しい施術法になります。

柔道整復師に必要な資格はあるの?

柔道整復師を目指すには、柔道整復師国家資格の取得が必要不可欠になります。

国家資格を取得するためには、専門学校や大学といった養成施設で3年以上修了しなければいけません。その後、卒業または、卒業見込みの資格を得ることで国家試験の受験資格が与えられ、合格すれば柔道整復師として働くことができます

整体師として働くためには

実は整体師として働くために必要な資格は特にありません。
しかし、人の身体に施術を行うので患者様の信頼を得るためにも、スクールなどに通い知識や技術を身につけ民間資格を取得を目指すことをオススメします。

なぜスクールがオススメなの?

就職先を探す場合、求人サイトwebサイトから検索される方が多いのではないでしょうか?
ですが、スクールに通うことで提携している整体院へ就職ができたり、スクールに寄せられる求人先から選ぶこともできます。スクールに通うということは、知識や技術を直接学ぶことができることはもちろん、手厚い就職サポートを受けられるメリットがあります。

広がりを見せる就職先の選択肢

整体師として就職できる場所は、整体院以外にも増えてきています。
就職先の選択肢として、以下4つの場所が挙げられます。

整形外科

整形外科とは、骨格や筋肉、神経からくる疾患を扱い、機能改善を目的とした治療を行う場所になります。様々な症状を対応することが多い整形外科では、医療的な側面が強く仕事をしながら知識を深めていくことができます。

介護福祉施設

高齢化社会に伴い、デイサービスや介護施設は増加傾向にあります。そのため、整体師の需要も高まってきているといえるでしょう。整体師としての役割は、硬くなった筋肉をほぐし、日常動作の改善を行うことが主な仕事になります。

リラクゼーションサロン・スパ

身体を癒すことを目的としたリラクゼーションサロンやスパでも整体師の需要は高まってきています。

スポーツジム

スポーツジムに併設されているサロンに就職されている方も増えてきています。
整体師としての役割は、トレーニングによって損傷している筋肉をほぐしメンテナンスを行うことが主な仕事になります。

整体師としてのやりがい

整体師は、患者様の元気な姿をみた時や不調が改善されることで感謝されることもある職業です。
そのため、やりがいに繋がりやすい職業ではないでしょうか。また、患者様に技術が気に入ってもらえればリピーターとして利用してくれる人も増えるため自信に繋がります。

整体師として向いている人の4つの特徴

整体師は、ただ患者様の不調を改善すればいいという訳ではなく、患者様に寄り添った対応ができるのかということも重要になってきます。

整体師として向いている人の特徴を紹介します。

悩みや気持ちに寄り添うことができる人

整体師は痛みや不調を改善することはもちろんですが、同時に癒しを提供することも仕事になります。そのため高いコミュニケーション能力が求められる職業です。
患者様に寄り添った対応が行えると、心身ともに満足していただける施術を受けていただけます。

努力を惜しまない人

整体師という職業は歩合制を採用している職場が多いこともあり、指名率や売り上げが数字として反映される職業になります。そのため数字に固執するだけでなく、現状を受け入れた上で努力を惜しまない人に向いているといえます。

向上心のある人

どんな職業でも、現状に満足することなく技術の向上をやめない人に向いています。施術者には技術のゴールはありません。老若男女問わずさまざまな年代の方に施術を行うため、その人にあった施術を行うために技術を向上させていかなければいけません。

状態に応じた臨機応変な判断ができる人

同じ人でもその日の体調やストレス、コンディションによって不調は異なります。
見極める判断力と臨機応変な対応が求められる職業になります。

まとめ

いかがでしたか。
整体師と柔道整復師の違いについて解説しましたが、整体師としての役割がある職業です。
その他の施術者に比べ、養成学校に通う期間も短く、仕事をしながらでも資格を取りやすいというメリットがあります。
患者様の喜ぶ姿やありがとうと感謝されることはもちろん、自分の技術が指名率や売り上げとして反映されるためやりがいを感じることができる職業です。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。