整体師への転職に大切なこととは?転職先の探し方も解説

整体師の中でも、すでに社会人としての経験を積んでから整体師へ転職した人も少なくありません。
今回の記事では整体師を目指すにあたり大切なこと、整体師の就職先、整体師に向いている人、転職先の選び方について解説していきます。
現在整体師への転職を目指している方は、ぜひご一読ください。

整体師への転職について

整体師を目指す人の中には、社会人としての経験を積んでから転職する人も珍しくはありません。学歴や年齢が問われる仕事ではないため、定年退職後に整体師になる人もいるといわれています。
つまり、整体師を目指すにあたり「遅すぎる」という時期はないということです。

理由としては、整体師として働くために必須とされている資格がないことや、未経験でも雇ってくれる就職先が多いからです。

整体師には資格がいらない?

前述のように、整体師になるには必須とされる資格がありません。
しかし、できれば民間資格を取得し、専門的な知識や技術を身に着けておくことをおすすめします。

資格を取得しておくことで、転職活動において大きなアピールポイントになるというメリットがあります。
また、知識や技術が浅いまま施術を行うことは、利用者に怪我をさせてしまう可能性が高まるというリスクもあります。

通信講座でも民間資格を取得することは可能ですが、通信講座だけでは実際に活かせる技術を学ぶことはできないため、専門学校に通うことが大切です。専門学校を卒業すれば、民間資格が付与されます。

すでに社会人で、整体師への転職を目指す場合は、仕事と勉強を両立させるためにも夜間コースが設けられている専門学校に通うことがよいでしょう。

整体師の仕事内容とは

整体師は、骨や筋肉、関節を手技によってバランスを整えることで、体の機能の改善を目指し、自然治癒力を高める施術を行います。

整骨院を営む柔道整復師と整体師は、どちらも体の不調の改善を目指す専門家です。
しかし、柔道整復師は国家資格であるのに対し、整体師は民間資格であるという違いがあります。
施術の内容についても、柔道整復師は打撲、捻挫、骨折、脱臼などに対して保険が適用される治療行為ができますが、整体師は打撲、捻挫、骨折、脱臼などに対する治療行為ができず、施術に保険が適用されることもありません。

整体師の就職先

整体師が働いている場所といえば、個人経営の整体院というイメージが強い方もいるのではないでしょうか。
高齢化の影響や若者の健康志向の高まりから、整体師の需要は年々増加しており、活躍の場は更に広まっていくといわれています。

整体師が活躍できる場所として、どのような就職先があるのか、以下でご紹介します。

整体院

整体師の就職先としては、整体院が最も多いといわれています。
個人経営の整体院もあれば、商業施設などに店舗をかまえるチェーン店などもあります。

整体院では、肩こりや腰痛などの不調を改善したいという目的で来院する利用者に対して施術を行うことが主な仕事です。

介護・福祉業界

介護・複視業界でも、高齢化社会に伴い整体師の需要が増加しています。
高齢者を対象とした体幹マッサージやリハビリなどを行うことが主な仕事内容です。

美容業界

整体師としての技術は、美容業界からの需要も増加しているといわれています。
姿勢や体の歪みを直すことでスタイルを良くしたり、ダイエットを図ったりと、美容目的の施術が仕事内容になります。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーとして、プロのスポーツ選手、クラブチームなどを対象に、練習や試合後のマッサージ、整体を行う整体師もいます。
スポーツトレーナーを目指す場合は、民間資格だけでは実力の裏付けになることは少ないため、柔道整復師などの国家資格の取得を目指すのがよいでしょう。高い専門知識と、スポーツに対する深い理解が必要になります。

整体師に向いている人とは?

整体師の仕事は、体調を改善させるための施術を行うだけではありません。
どのような悩みがあって施術を受けに来ているのかを利用者から聞き出すために、適切にコミュニケーションをとる必要があります。

また、何故このような方法で施術を行うのかを分かりやすく伝えることで、施術に対する利用者の不安も軽減されます。

したがって、整体師は整体の技術だけでなく、利用者から信頼されるためのコミュニケーション能力も求められます。

コミュニケーション能力に加えて、人体への興味と、日々勉強する意欲も必要です。
解剖学や生理学など、人体についての知識を広げることで、より深い仕事ができ、利用者から信用されやすくなります。

整体師になったから終わりではなく、向上心、向学心を持ち続けることが大切です。

転職先の探し方

整体師として転職する際、転職先を探すために利用できるものとして、以下の3つが挙げられます。

  • web上の求人サイト
  • ハローワーク
  • 求職エージェント

仕事をしながら転職活動をする場合、求人情報を収集するための時間が取れないという方は、求職エージェントの利用がおすすめです。

エージェントに転職先についての相談や希望を伝えるだけで、求職者に適した転職先の候補を見つけてくれるため、求人情報の収集にかかる時間と手間が省けます。
また、細かい条件交渉や面接の日程調整など、転職活動に関わるサポートが徹底的に行われます。

まとめ

整体師になるには、必ずしも資格を取得しなければいけないというわけではありません。しかし、専門学校で知識と技術を学び、民間資格を取得しておくことをおすすめします。

整体師の活躍の場は整体院だけでなく、介護・福祉業界や美容業界、スポーツ関連にまで広がっており、年々整体師の需要が高まってきているといわれています。自分はどのような分野で整体師としての仕事をしたいのか、照らし合わせながら転職先を選びましょう。

仕事をしながら整体師への転職を目指す場合は、求職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

今回の記事が、整体師への転職を目指している方の参考になれば幸いです。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。