柔道整復師はどんな仕事?業務内容や活躍する現場を紹介!

柔道整復師は、骨折や脱臼、打撲、捻挫などの怪我によって、損傷した骨や関節、筋肉、靭帯に対し柔道整復術と呼ばれる方法で施術を行います。

そんな柔道整復師とは、一体どのような仕事で、柔道整復術とは一体なんなのか?

今回の記事は、柔道整復師の仕事に注目したものです。
業務内容はもちろん、必要な資格や活躍する現場について解説しています。
柔道整復師を目指す人にご一読頂きたい記事になっています。”

目次


柔道整復師の仕事

冒頭でも説明した通り、柔道整復師は柔道整復術と呼ばれる方法で施術を行います。この施術は痛みが少なく身体への負担が少ないため、老若男女問わず施術を受けることができます。

そんな柔道整復師の仕事について詳しく解説していきます。

そもそも柔道整復師とは?

柔道整復師とは、骨折や脱臼、打撲、捻挫などの怪我によって、損傷した骨や関節、筋肉、靭帯に対し手術を行わず症状の改善や緩和ができる国家資格を持つ施術者のことです。
施術の特徴として、麻酔や注射、投薬を行わず、
直接患部に触れながら人間が本来持っている自然治癒力を高め緩和へ導きます。

柔道整復術とはどんな施術方法?

柔道整復師が行う施術は、
柔道整復術と呼ばれていますがどんな施術方法なのかご存知ですか?

柔道整復術の成り立ちとして、日本古来の武術の1つである「柔術」が関係しています。
柔術には「殺法」と「活法」の2つがあります。

  • 殺法
    殺法とは、名前の通り相手を殺傷する柔術になります。
    時代の流れとともに、現在では競技の1つ「柔道」として継承されています。
  • 活法
    活法とは、負傷者に対し蘇生や治療を行い、相手を生かすための柔術になります。
    時代の流れとともに、「ほねつぎ」や「接骨」といった整復や固定を行う施術に生まれかわり「柔道整復術」として継承されています。

3つの施術方法

柔道整復師が行う施術は、柔道整復術という方法だとお伝えしましたが
その中でも以下3つの施術方法分けられます。

①整復法

整復法は、骨折や脱臼、関節が外れたり、ズレが生じた場合に元の状態に戻すための方法。

②固定法

固定法は、骨折や脱臼した場合に患部をギブスや三角巾などで固定し、回復を図る方法。

③後療法

後療法は、損傷した患部の回復を図るために、物理療法・運動療法・手技療法の3つの施術を行う方法。

  • 物理療法:電気や光線、超音波、熱などを使用し、痛みの緩和を図る方法。
  • 運動療法:適度な運動を行うことで症状の改善を図る方法。
          主に有酸素運動や無酸素運動、筋力トレーニングなど。
  • 手技療法:柔道整復師の手により、筋肉のこりをほぐし、痛みや不快感を緩和させる方法。

柔道整復師は治療行為ができない?

柔道整復師は国家資格は持っているものの、医師資格を持っている訳ではないため、医療行為にあたる治療を行うことができません。これは、医師法により固く禁じられています

柔道整復師が行う行為は、あくまで「医業類似行為」になります。

柔道整復師になるために必要なこと

柔道整復師になるためには、国家試験に合格し
柔道整復師国家資格」を取得しなければいけません。
しかし、誰でも国家試験を受験できる訳ではなく受験資格を得る必要があります。

ここでは国家資格を取得するまでの流れについて解説していきます。

受験資格とは

柔道整復師として勤務するには高校卒業後、柔道整復師養成課程のある専門学校や短大、大学で 所定の科目を履修し、卒業また卒業見込みの資格を得るとで受験資格が与えられます。

国家試験は毎年3月に実施され
厚生労働省の指定機関 公益財団法人柔道整復研修試験財団が主催している、
柔道整復師国家試験に合格しなければ就くことができない職業になります。

国家試験の合格率

柔道整復師国家試験は毎年多くの方が受験します。
平成31年度に行われた、第27回柔道整復師国家試験では、
受験者6,164名に対し、合格者4,054名という結果になり
合格率としては65.8%でした。

試験内容は、必修問題と一般問題の2つが出題され、全てマークシートでの解答になります。
合格基準は以下の通りになります。

  • 必修問題:1問1点とし、30問中80%以上の24点以上が必要。
  • 一般問題:1問1点とし、200問中60%以上の120点以上が必要。

両方の合格基準を満たしていなければいけません。

柔道整復師の活躍現場

柔道整復師が活躍している現場として、整骨院や接骨院が挙げられるかと思います。
最近では活躍の場が広がり、さまざまな場所で勤務しています。

活躍の現場とは

柔道整復師が活躍できる現場として、以下が挙げられます。

  • スポーツトレーナー
  • パーソナルトレーナー
  • 介護福祉施設
  • 整形外科・医療施設

上記のように整骨院や接骨院以外にも活躍できる現場が増えてきており
より興味のある分野で働くことができる環境ができつつあります。

また、長年整骨院や接骨院で勤務し経験を積んだのち、「独立開業」し店舗をかまえる方もいらっしゃいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
柔道整復師は、手術を行うことなく身体への負担を最小限にしたうえで施術を行うことができる施術者です。そのため、子供から高齢者まで安心して施術を受けることができます。
一人ひとりの身体の状態を確認し、コミュニケーションを取りながら対応を行うことができる柔道整復師は多くの現場で必要とされる存在でしょう。

人と接することが好きな方や、一人ひとりと向き合って対応を行える職業に就きたいと考えている方にはおすすめの職業ではないでしょうか。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。