柔道整復師の本音とは?就職先や年収の実態を深掘り!

柔道整復師としての就職先をご存知でしょうか?
近年では、整骨院や接骨院、整形外科といった就職先だけではありません。
柔道整復師の需要が高まってきている近年では、様々な業種に就職することが可能です。

今回の記事では、柔道整復師として働くために知りたい就職先や年収について解説しています。

柔道整復師が就ける就職先とは?

少し前までは、柔道整復師の就職先は整骨院接骨院がほとんどでした。
ですが、時代の流れと共に介護福祉施設スポーツトレーナーといった職種まで広がりをみせています。

この見出しでは、需要が高まってきている柔道整復師が活躍している現場について解説しています。

病院・医療機関

整形外科リハビリテーション科がある病院や医療機関は、柔道整復師の就職先として人気があります。病院に就職すると、医師の補助など医療面の役割が多いため知識を増やすことができます。
柔道整復師は患者様と接する時間が長く、しっかりと症状や悩みを聞いた上で処置を行うことができます。そのため、病院や医療機関でも必要とされる存在といえるでしょう。

整骨院・接骨院

病院と同じくらい就職先として選ばれる場所が、整骨院や接骨院です。
ここでは患者様一人ひとりに話を聞き、骨折や脱臼、打撲、捻挫により損傷した筋肉や靭帯、神経を正常な状態へと戻すために施術を行います。

介護福祉士施設

柔道整復師は、機能訓練指導員として勤務することができます。
近年の高齢化社会に伴い、デイサービスなどの介護施設の増加が見込まれます。デイサービスでは、機能訓練指導員を必ず1人以上配置することが義務付けされているため、今後さらに求められる存在となるでしょう。

  • 機能訓練指導員とは
    介護施設や病院で機能訓練指導を行うスタッフのことを、機能訓練指導員といいます。
    機能訓練指導員は病気や怪我はもちろん、高齢などの理由により、身体に障害を持つ施設利用者に、日常生活を送るために必要な機能の改善や現状の能力の維持するための訓練を行います。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーは、身体に関する専門的な知識が必要となるため、柔道整復師としての知識は必要とされるでしょう。スポーツトレーナーとしての役割は、選手のサポートです。身体面だけでなく、精神面においてもサポートを行い、最善の状態で試合に送り出すことを目的とした仕事になります。

最終的に2つの道に分かれることも!

様々な場所に勤務し、知識や技術、経験を積んだ柔道整復師は、「独立開業」か「教員」としての道に進む人もいます。

独立開業か教員としての道

柔道整復師という国家資格を取得すると、独立開業ができる権利を与えられます。中には、初めから独立開業を視野に入れている人も少なくありません。独立をせず、長年勤務先に勤める人もいれば技術や経験を積んだことで、専門学校や大学の教員として進む人もいます。

教員としての給付

専門学校では1コマの授業に対した給付を行うことが多く、学校の単価によって変わりますが約2,000円~3,000円程度です。また固定給の場合、30万円前後と決して低くない給料でしょう。

しかし、教員として勤務するデメリットとして1年単位で契約している学校も多く、継続して勤務ができるか分からず不安定です。

柔道整復師の平均年収

様々な業種に就職ができる柔道整復師ですが、平均年収はどのくらいなのでしょうか?
雇用形態はもちろん、地域によって年収は変動します。

正社員契約社員アルバイト・パートに分けて、平均的な年収や給料について紹介します。

正社員

柔道整復師としての平均年収は、300万円~700万円程度といわれ、その中でも新入社員の平均年収は300万円~400万円程度です。
給料に換算すると、月給21万円~65万円の計算になります。

新入社員であれば、一般的なサラリーマンとあまり変わりません。

しかし、勤務年数や経験、実績に応じて600万円~700万円の年収を見込むことも可能です。就職先の福利厚生の充実度によっても違うため、就職先を探す際によく調べることが重要になります。

契約社員

契約社員の月給は、15万円~40万円程度といわれています。就職先の月給によっては、一般的なサラリーマンよりも高額な月給を受け取ることも可能です。

契約社員のメリットは、「5年ルール」ということです。
契約が切れればいつでも辞めることができるため、正社員よりは転職へのハードルも下がります。また、正社員登用がある場所であれば頑張り次第で正社員へ昇格することも可能です。

アルバイト・パート

アルバイトやパートは時給計算となり、平均して900円~1,500円が相場となります。アルバイトとして長年勤めるよりかは、知識や技術、経験を積むためのステップアップとして活用するといいでしょう。

年収の増加を見込むなら?

正社員や契約社員のように雇われるのではなく、「独立開業」することで年収の増加を見込むことができます。
独立した人の多くが、平均年収700万以上と高額な年収を稼いでいます。成功すれば、1,000万円以上稼ぐことも夢ではありません。

開業する上でもっとも重要なことが、経験や技術、知識を兼ね備えていることはもちろん、経営について知識があるかが成功の鍵といえるでしょう。

雇われている身では技術や知識の向上だけでよかったものの、開業すると経営についての知識が無ければ年収の減少や廃業の可能性も考えられます。
メリット・デメリットがあることを理解した上で、行動に移しましょう。

柔道整復師は需要が高まっている職業

いかがでしたか。就職先や年収を見る限り、柔道整復師は今後の活躍が期待される職業といえます。
就職先の選択肢も増えているため、柔道整復師を目指している人にとっては勤務先に困らないのではないでしょうか。

また就職先を選ぶ上で、重要視される給料や年収ですがどの職場でもスタートは平均300万円前後が一般的です。
そのため、福利厚生や教育制度の充実度など全体を含めて勤務先を決めることが重要といえます。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。