柔道整復師の平均年収とは?収入アップの方法も解説!

柔道整復師とは、柔道整復術を駆使して骨折や脱臼、打撲、捻挫などの怪我に対し、機能回復を図る施術を行う、整骨院の「先生」です。
柔道整復師を目指す方や、柔道整復師の仕事に興味がある方にとって、平均年収はどれほどであるかは気になるポイントですよね。

そこで今回の記事では、柔道整復師の年収や給料事情、収入アップの方法などを解説します。

柔道整復師の平均年収と給料事情

柔道整復師の平均年収は、300万円~700万円程度といわれています。
経験年数や職場、雇用形態、勤務地(都市部か地方か)に応じて、年収は大幅に変わってくるようです。

柔道整復師の働き方としては、正社員や契約社員だけでなく、派遣社員やアルバイト・パートなど、選択肢は幅広いです。

正社員や契約社員は月給制で、正社員の場合は平均で月21~65万円、契約社員は平均で月15~40万円といわれています。
派遣社員やアルバイト・パートは基本的に時給制です。平均で時給900円~1,500円といわれています。

柔道整復師と混同されることもある職業として、手技を用いて骨格を整える整体師が挙げられます。
整体師の平均年収は200~300万円といわれており、柔道整復師と比べると平均年収は低いです。
柔道整復師になるには国が認めた資格を取得する必要がある一方で、整体師は資格を取得する必要がないことから、誰でも整体師になることができます。
目指すことの難易度の違いにより、柔道整復師は整体師よりも多くの収入を得ることができるのです。

独立開業すれば年収1,000万円に?

独立開業することで高収入を得られる場合があり、中には年収1,000万円を越える柔道整復師もいます。

ただし、家賃や備品代などを合計すると一般的に600万円~1,000万円の開業資金が必要になるといわれています。
それだけでなく、近年整骨院の数は増加している傾向にあり、競争率の激しい業界です。
独立開業したからといって、誰でも成功して1.000万円以上の年収を得られるという訳ではありませんのでご注意ください。

独立開業以外で収入アップする方法

独立開業で高収入を目指すことができるものの、リスクも伴うため簡単に独立開業を決めることは難しいですよね。

独立開業する他にも、以下のような方法で収入アップを目指すことができます。

  • 鍼灸師の資格を取得する
  • 機能訓練指導員として働く
  • 歩合制のある整骨院で働く

具体的にどのようにして収入アップを目指すのか、これから解説していきます。

鍼灸師の資格を取得する

鍼灸師とは、「はり師」と「きゅう師」の国家資格を取得した施術者のことです。
鍼灸師の年収は柔道整復師と同等であるといわれていますが、複数の資格を持つことで、現場で行える業務の幅が大きく広がります。

また、職場によっては1つの資格に対して手当を支給しているところもありますので、収入アップにつながります。

機能訓練指導員として働く

高齢化が進む社会で、柔道整復師の需要は介護業界でも高まっています。
需要の高まりに伴い、好条件を提示している介護福祉施設の求人も多いため、収入アップを目指すには介護業界に転職することも手段のひとつです。

さらに、機能訓練指導員として5年以上の実務経験を積めばケアマネージャーの資格を取得できるので、スキルアップやキャリアアップにもつながります。

歩合制のある整骨院で働く

歩合制が導入されている整骨院の中でも、完全歩合制のところや、最低保証月給に指名分野自由診療分の歩合がプラスされている所など複数のパターンがあります。
歩合制が導入されている整骨院では、多くの人に施術するほど高収入を得られる可能性が高まるのです。
多くの人に施術ができるよう、信頼を得るには技術を磨き続ける必要があります。
学びに対する意欲を持ち続けることが大切です。

柔道整復師を目指すには

柔道整復師を目指すには、大学や専門学校などの養成施設で3~4年の教育課程を修了した上で、国家試験に合格する必要があります。

試験の内容としては解剖学、生理学、柔道整復理論、リハビリテーション学、柔道整復実技などがあり、多くのことを学ばなければいけません。
しかし、しっかりと勉強していれば合格も十分に狙える難易度であるといわれています。

柔道整復師の将来性

高齢化が進んでいるだけではなく、ストレスやデスクワークによる体の不調を抱える人が多い現代社会において、専門的な知識を技術をもって健康に向けたサポートやアドバイスをしてくれる柔道整復師の需要は高まり続けています。
整骨院や介護施設、スポーツ施設など、柔道整復師の活躍の場は更に広がっていくことでしょう。
したがって、柔道整復師は将来性のある仕事であるといえます。

▶︎参考:柔道整復師の職場についての詳細はこちら

まとめ

柔道整復師の年収は、経験や立場、職場、勤務地などによって大きく変わってきます。
収入アップを目指すにあたり、独立開業することで成功する人もいますが、リスクを伴うため、相応の覚悟が必要となります。
独立開業以外の方法で収入アップを目指す場合も、技術を磨くことは必須です。

柔道整復師の需要が高まる現代社会では、柔道整復師が活躍できる場所も幅広く存在するため、将来性のある仕事であるといえます。
柔道整復師の仕事に興味のある方は、目指してみてはいかがでしょうか。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。