不調を改善するあん摩マッサージ指圧師の年収や給与について解説!

あん摩マッサージ指圧師とは、国家資格を必要とする職業です。
「あん摩」「マッサージ」「指圧」の3つの手法を用いて、身体の不調を改善します。
最近では、介護福祉の現場で需要が高まってきており、人のためになる仕事に就きたいと
思われている方にとって最適な職業なのではないでしょうか。

そんなあん摩マッサージ指圧師の年収や給料について解説している記事になります。

あん摩マッサージ指圧師の年収や給料は?

あん摩マッサージ指圧師とは、「あん摩」「マッサージ」「指圧」の手法を用いて患部に対して、「押す」「揉む」「なでる」「さする」などの方法で神経や筋肉に刺激を与え、血行を良くし、身体のコリや不調を改善させる施術者のことです。

あん摩マッサージ指圧師は国家資格を必要とする職業になります。
そんな職業の平均年収や給料収入アップの方法について解説しています。

従業員として勤務した場合の年収は?

あん摩マッサージ指圧師として働く上で、年収や給料は気になることの1つだと思います。
平均年収としては、300万円~400万円程だといわれ、月給に換算すると25万~33万です。国家資格を必要とする職業ですが、年収としては他の国家資格を必要とする職業をあまり大差がありません。
25万~33万と聞くと高い月給に感じるかもしれませんが、あくまで一定の経験を積んだあん摩マッサージ指圧師の平均となります。新卒者の初任給の平均は、10万円台後半~20万円程度となり、決して高くありません。

お店を開業した場合の年収は?

従業員として勤務する場合と、開業した場合では年収は大きく変わります。
開業者の経営能力次第になりますが、平均年収600万円ほどだといわれています。
従業員として勤務している場合と倍近く年収が変わっています。

また、経営者としての能力が優れ経営が軌道に乗っている店舗では、1,000万円ほど稼いでいるあん摩マッサージ指圧師もいます。

収入をアップさせるための方法

年収や給与について解説しましたが、では実際に現在の収入をアップさせるための方法とはどんなものがあるのでしょう?
この見出しでは、収入アップが見込める3つの方法について解説しています。

①あん摩マッサージ指圧師の以外の資格取得

あん摩マッサージ指圧師としての国家資格も十分な資格ですが、その他の国家資格や民間資格を取得することで、患者様から得られる信頼は大きいといえるでしょう。
患者様の立場からすれば、不調を改善してくれる施術者に対応をお願いしたいと思うのが普通だと思います。そのため、あん摩マッサージ指圧師以外の資格を取得していると、他の施術者より多くの知識を持っているという証明にもなります。

施術で不調を改善することはもちろんですが、プラスαとして安心を提供することでリピーター増加に繋がります。

②勉強会に参加

ご自身が持っている知識をより深めるために、勉強会やセミナーに参加することも収入アップに繋がります。
「勉強会に参加することが、どうして収入アップに繋がるの?」と感じる方もいるかもしれませんが、知識を深めることは患者様に対してより質の高い施術を提供することに繋がります。東洋医学や西洋医学様々な観点や視点から対応することができると、施術に満足してくれる人が増え、リピーターとして定期的に通っていただくことができ、結果として収入アップが見込める状態となります。

勉強会やセミナーは、公益社団法人 日本あん摩マッサージ指圧師会医療関係の会社が定期的に開催しています。参加できそうな勉強会やセミナーがあれば、参加してみるといいでしょう。

③独立開業

あん摩マッサージ指圧師として従業員として経験を積んだ後、「自分のお店を持ちたい」「収入を上げたい」「腕試しをしたい」など様々な理由から開業を考える人も多いかと思います。
収入アップを目指すのであれば、独立開業がおすすめです。
もちろん、独立開業をすることで責任リスクは発生しますが、その分経営が軌道に乗れば売上として表れるのでやりがいも生まれます。

開業が成功すれば、収入は確実に上がるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
あん摩マッサージ指圧師の平均年収と給料について解説しましたが、初任給については決して高い給料とはいえないと思います。
しかし、ご自身で新たな資格取得や知識を身につけ、施術の質を上げることで患者様がリピーターとして通ってくれることも珍しくありません。そのため、収入アップを目指すならご自身の努力が必要です。売上という数字で表れるため、やりがいを感じることができる職業だと思います。

ご自身に合った働き方で、収入アップを目指しましょう!

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。