あん摩マッサージ指圧師に転職するには?働ける場所や転職先の探し方を解説!

あん摩マッサージ指圧師は、「なでる」「揉む」「押す」「さする」といった手技を駆使しマッサージを行い、身体の不調を改善させる仕事をしています。そんなあん摩マッサージ指圧師ですが、他業種で社会人経験を積んだ人が転職する職業として選択する人も珍しくありません。

そこで今回は、あん摩マッサージ指圧師への転職について解説していきます。

目次


あん摩マッサージ指圧師はへの転職

あん摩マッサージ指圧師を目指す人の多くは、高校卒業後に養成施設へ通い、国家資格を取得する人がほとんどです。しかし、他業種で働き社会人経験を持った人があん摩マッサージ指圧師に転職するケースも少なくありません。
その場合、働きながら専門学校の夜間部で学び、資格を取得したという人が多くみられます。

人によってあん摩マッサージ指圧師を目指すきっかけはさまざまですが、
手に職をつけたい」「人の役に立てる仕事がしたい」という理由が多いようです。

あん摩マッサージ指圧師の需要は増加傾向

あん摩マッサージ指圧師の資格を取得した人の多くは、個人経営の施術所へと就職します。その他にも、病院や介護施設、スポーツジムといった場所にも就職することができるため、あん摩マッサージ指圧師が活躍できる場所は幅広く存在します。

就職先の中でも特に介護施設のような福祉の分野において、あん摩マッサージ指圧師の需要は高まってきています。あん摩マッサージ指圧師は介護施設において、機能訓練指導員として働くことができます。介護施設において機能訓練指導員は必ず1人以上配置しなければいけないため、超高齢化社会の日本では欠かすことのできない存在といえるでしょう。

あん摩マッサージ指圧師が転職を考えるきっかけ

あん摩マッサージ指圧師が転職を考える大きな要因は、経済的に不安定という理由が挙げられます。あん摩マッサージ指圧師の働き方は、時給制の場所もあれば、能力歩合制で決められる場所もあります。
そのため、一定の金額以上稼げず悩む方もいれば、月ごとに収入が変動し安定しないことで悩む方もいらっしゃいます。

技術職であるあん摩マッサージ指圧師は経験が重視されるため、新人のうちは安定することが難しい職業です。経済的な不安がある場合、将来性を広げるためにも鍼灸師柔道整復師といった他の国家資格も取得しておくと大きな強みになるでしょう。

就職・転職先を探す方法とは?

どんな職業においても就職先や転職先を探す際には、求人情報の収集を行わなければ始まりません。情報を得るためにweb上の求人サイトを見たり、ハローワークへ行くという方法があります。

しかし、1人で情報収集を行っていると時間が掛かってしまったり、なかなか良い情報に巡り合わず悩まれる方もいらっしゃるかと思います。
そんなときは、施術者に特化した求職エージェントを利用することをオススメします。
エージェントと聞くと難しく嫌煙してしまいがちかもしれませんが、就職・転職先についての希望条件を伝えるだけで、条件に合った施術所の紹介をしてもらうことができます。
また、面接日程の調整なども間に入り対応してくれるので、ご自身の負担が減ります。

就職・転職活動において、労力の削減は大きなメリットではないでしょうか。

就職・転職活動の時期とは?

あん摩マッサージ指圧師の就職・転職活動は、主に1月~4月の間が活発化するといわれています。理由としては、年度替わりの時期であり、あん摩マッサージ指圧師の国家試験の合否が3月末に発表されるため、資格取得後の4月に入ってから求人を探す人が多いからです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
あん摩マッサージ指圧師という職業は、ある程度年齢を重ねた社会人でも資格を取得し転職する人も珍しくありません。就職先も幅広く、施術所や病院、介護施設、スポーツジムなどさまざまな活躍の方法があります。年齢に問わず長く続けられる職業ですが、新人のうちは経済的に安定しづらいというデメリットもあります。
就職や転職をする際は、あん摩マッサージ指圧師として明確な目標を定めた上で、自分に合った場所と巡り合えるようにしっかりと情報収集することが第一に大切です。

ご自身だけで就職や転職先を探すのに限界を感じた際には、当社求職エージェント「ジョブキュア」をご利用ください。専任のエージェントが希望条件をお聞きした上で、全国各地から条件に合った場所をご紹介させていただきます。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。