鍼灸師の仕事とは?資格の取り方や就職状況も解説

鍼灸師とは、「はり師」と「きゅう師」の両方の資格をもつ人のことをいいます。
柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師と同じく国家資格ではありますが、鍼灸師は具体的にどのような仕事をするのかはご存知でしょうか?
今回の記事では、鍼灸師の仕事内容や鍼灸師になるために必要なこと、就職先、就職状況などについて解説していきます。

鍼灸師の仕事

鍼灸師は、鍼(はり)と灸(きゅう)を用いた施術を行い、体の不調の予防や改善を目指すことが主な仕事です。

鍼や灸を用いた施術は東洋医学に基づくもので、人間が本来持っている自然治癒力を高める効果があります。
副作用が少ないため、乳幼児から高齢者、妊娠中の方も施術を受けることが可能です。

鍼灸師の具体的な仕事内容としては、以下の4つが挙げられます。

  • 鍼療法
    きわめて細いステンレス製の鍼を、体のツボや各種反応点に刺し入れて、一定の刺激を与えることで痛みや不調の緩和を図ります。
  • 灸療法
    ヨモギの葉からつくられた「もぐさ」に点火して燃焼させ直接皮膚の上にのせます。体のツボに熱刺激を与えることで血行が改善され、免疫力の向上を図ります。
  • 脈診
    手首の脈を診て、体の気の流れやバランスを把握します。
  • 望診
    表情や血色、皮膚の状態、下の状態などを目で見て状態を判断します。現代医学では視診とも呼ばれる検査方法です。

鍼療法や灸療法のほかに、遠赤外線照射や低周波通電、吸い玉、テーピングなどの補助療法を実施する鍼灸院もあります。

鍼灸師になるためには

鍼灸師になるには、「はり師」「きゅう師」の国家試験を受け、合格しなければいけません。
国家試験は、厚生労働省と文部科学省によって定められた大学や専門学校などで3年以上学び、卒業することで受験資格を得られます。

大学や専門学校で学ぶ内容は、人体の解剖学や生理学、衛生学、公衆衛生学、病理学など、現代医学の知識がメインとされています。
他にも東洋医学概論、診断学、治療学を学んだり、治療実習が行われます。

幅広い分野を学ぶことになりますが、鍼灸師は単独で施術を行うだけでなく、病状によっては医師と連携して治療をするというケースもあるため、東洋医学だけではなく、現代医学の知識も必要とされるのです。

なお、通信教育を受講するだけでは受験資格を得ることができません。
働きながら鍼灸師を目指す社会人であることから、学ぶ時間が取れない場合は、夜間コースが設けられている学校を探してみるとよいでしょう。

鍼灸師に向いている人

鍼灸師には、が求められます。
施術をする上で、患者に対するカウンセリングを通して会話や顔色、姿勢、動作などをみて状態を見極めることが大切だからです。
症状や施術について分かりやすく伝えることで、患者が抱く不安感を軽減させることができます。

また、常に医学への興味を持ち、日々勉強を続ける意欲がある人が鍼灸師に向いているといえます。

鍼灸師の就職先

鍼灸師の就職先としては、以下のような場所が挙げられます。

  • 鍼灸院
  • 病院
  • 介護福祉施設
  • 美容鍼サロン
  • スポーツ施設

それぞれの就職先における、鍼灸師の仕事内容について解説していきます。

鍼灸院

鍼灸師の就職先として最も多いのが鍼灸院です。来院した患者に対して鍼灸を用いた施術を行い、体の不調の改善を目指すことが主な仕事です。
鍼灸師には開業権があるため、将来的は自分で鍼灸心を開業することもできます。

病院

病院の整形外科やリハビリテーション科、鍼灸外来などに勤務する鍼灸師もいます。
医師や看護師、理学療法士など様々な分野の専門家と連携しながら治療にあたります。

介護福祉施設

介護福祉施設で勤務する鍼灸師の仕事内容は、高齢者を対象とした体の機能回復、健康維持のを目的とした鍼灸治療を行うことです。
また、足腰が悪く通院ができない人のために、在宅ケアを行うことも可能です。

美容鍼サロン

美容鍼を専門としたサロンで働くこともできます。美容鍼サロンでは、肌の調子を整えたり、むくみを改善させたりと、美容を目的とした施術を行います。

スポーツ施設

部活動や実業団、プロスポーツなど、様々な現場で、スポーツトレーナーとして働く鍼灸師もいます。選手の怪我の治療や機能回復・予防、コンディショニングなどが主な仕事内容です。
スポーツトレーナーを目標に鍼灸師の資格を取得する場合は、パーソナルトレーナー術やトレーニング指導も学べる、スポーツ鍼灸学科のある学校を目指すのがおすすめです。

鍼灸師の就職状況

上記で紹介した通り、鍼灸師が活躍できる就職先は多く存在します。
近年では鍼灸師の求人数は、就職希望者と比べて多いといわれています。
しかし、臨床経験が豊富で、即戦力となる鍼灸師を求めている鍼灸院や企業も多いです。

確実に就職したい場合は、鍼灸師のほかにあん摩マッサージ指圧師や柔道整復師の資格も取得することで、就職先の幅が広がるかもしれません。

まとめ

鍼灸師とは、はり師ときゅう師という国家資格を取得した人のことで、鍼灸を用いた施術を行い、体の不調の改善や予防を図る仕事をしています。
鍼灸師の活躍の場は、鍼灸院だけでなく、病院や介護福祉施設、美容鍼サロン、スポーツ施設など様々です。
鍼灸師のニーズの高まりに伴い、求人数も増加してはいますが、豊富な経験を持つ人材を求める求人先も少なくありません。
鍼灸師として初めての就職先を探す場合は、基礎から経験を積むことができる職場を探してみましょう。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。