接骨院での仕事内容について解説!資格は必要?

街を歩いていると、「接骨院」の看板をよく目にする方も多いと思います。
接骨院で働く人は、具体的にどのような仕事をしているのかご存知でしょうか?

今回の記事では、接骨院での仕事内容や働き方、そもそも接骨院とはどのような施設であるのかを解説していきます。

接骨院とは?

接骨院とは、国家資格である柔道整復師による施術が行われる施設です。
手術や投薬、レントゲン検査などは行わずに、柔道整復術という技術を駆使して骨折・脱臼・打撲・捻挫などの怪我による痛みを緩和させたり、体の不調の改善を目指したりします。ただし、骨折に対する施術を行う場合は医師による同意を得なければいけません。

怪我に対する施術だけでなく、体の不調や疲労の回復を図る、癒しを目的とした施術メニューを設けている接骨院も多いです。

「整骨院」や「ほねつぎ」と呼ばれる施設もありますが、いずれも柔道整復師が上記のような施術を行っており、内容にほとんど変わりはありません。

柔道整復師になるには

柔道整復師の資格を習得するには、国家試験に合格する必要があります。
厚生労働大臣が認可した大学や専門学校で3年以上学び、卒業することで国家試験の受験資格が得られます。
試験科目は解剖学や生理学、運動学、病理学概論、柔道整復理論などがあります。

柔道整復師の就職先について

柔道整復師の主な就職先は接骨院ですが、他にも整形外科や介護福祉施設で働いたり、スポーツトレーナーとして活躍している柔道整復師もいます。

接骨院の仕事内容

前述のように、接骨院では柔道整復師による施術が行われる施設であり、接骨院で施術スタッフとして働くには資格が必要になります。
しかし、資格をもっていない人でも、施術以外の業務を担う受付スタッフとして働くことができます。

接骨院で働く場合、柔道整復師や受付スタッフは具体的にどのような仕事をするのか、以下より詳しく解説していきます。

柔道整復師の仕事

柔道整復師が行う施術は、整復、固定、後療法の3つに分類されます。

整復とは、骨折した箇所や外れた関節を元の状態に戻すための操作をする方法です。
固定は、骨折や脱臼、捻挫などの怪我を負った場合に、包帯やテーピングなどを用いて患部を固定する方法です。
後療法は、「手技療法」や「運動療法」、「物理療法」などを症状ごとに組み合わせて施し、筋肉や関節の機能回復を図ります。

施術だけでなく、体の状態を把握するためのヒアリングや検査、施術計画の提案、説明も行います。

受付スタッフの仕事

受付スタッフの主な業務内容としては、来院した利用者への案内や受付業務、保険関連の事務作業、施術に用いる器具のセッティングなどです。

覚えることは多いですが、基本的なパソコンの操作や接客のマナーさえ心得ていれば難しい仕事ではないため、資格をもっていないけれど接骨院で働くことに興味があるという方は、受付スタッフの仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

接骨院の仕事に向いている人

接骨院は利用者との距離が近く、密にコミュニケーションがとれる職場です。子どもから高齢者まで、幅広い年代の利用者が訪れるため、高いコミュニケーション能力が求められます。
また、柔道整復師として働く場合、人体の健康に興味があり、常に学ぶ意欲を持っている人が向いています。

接骨院での働き方

接骨院では正社員をはじめ、アルバイトやパート、契約社員など様々な雇用形態で働けます。
休日や勤務時間については接骨院によって異なりますので、接骨院の仕事を探すときは、接骨院で自分に合った働き方ができる職場であるか、求人情報をよく確認しておきましょう。

まとめ

接骨院は、柔道整復師が施術を行う場所です。接骨院で施術スタッフとして働くには、国家試験に合格して柔道整復師の資格を取る必要がありますが、資格がない場合でも受付スタッフとして働くことができます。
人と接することが好きな人や、健康に関する知識に興味がある人にはおすすめの職場です。

様々な勤務形態で働くことができますので、接骨院の求人を探す際は、自分の希望に合った環境であるか、求人情報をしっかりと確認しましょう。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。