整体師の仕事内容を解説!資格の取り方、やりがいと苦労とは

整体師は、東洋医学に基づいた手技療法を用いて体の不調の改善を目指す仕事をしています。
高齢化社会や、ストレスを溜めた現代人の増加が進むにつれて、心や体を癒してくれる整体師のニーズは高まっているといわれています。

今回の記事では、整体師の具体的な仕事内容や整体師になるために必要なこと、就職先などについて解説していきます。

整体師の仕事内容

整体師とは、器具を使わずに手技のみで骨盤のゆがみや筋肉を調整する施術を行い、肩こりや腰痛などの不調の改善を目指す仕事をしています。
あん摩マッサージ指圧師と混同されやすいですが、あん摩マッサージ指圧師は基本的に筋肉を揉みほぐす施術を行っており、血液の循環を促すことで不調の改善を目指しています。

施術が主な仕事内容ですが、他にも症状を聞き取るためのカウンセリングや、施術後に日常生活での注意点やセルフケア方法を伝えるアフターフォローも行います。

整体師になるには

整体師になるために必要な国家資格はありませんが、整体に関する知識や技術は必要となります。
そのため、専門学校や通信講座などを受講したあと、民間資格を取得してから実際に整体師として働くのが一般的といわれています。

整体師を目指す人の多くは、専門学校で学び、それぞれの学校で付与される民間資格を取得しています。
夜間コースが設けられている学校もありますので、整体師への転職を考えている社会人でも、働きながら学校へ通うことができます。

通信講座は学費が安く、自分のペースで学べるというメリットがあります。
しかし、学校のように実技指導を受ける機会が少なく、プロを目指す人には適さないものがあるというデメリットもあります。

前述のように、整体師は法律で定められた公的資格ではないため、専門学校や通信講座で学べる内容や受講期間、学費などは様々です。
通学する専門学校や通信講座を選ぶときは、どのような技術を身に着けたいのか、どのような場所で技術を活かしたいかなどの目標を明確にしておき、目標と照らし合わせながら選ぶことが大切です。

整体師のやりがいと苦労

整体師は、不調を抱えた人に向き合い、直接手で触れて施術を行うのが仕事です。相手との距離が近い仕事であるからこそのやりがいや苦労があります。

整体師のやりがい

自分の施術で症状が改善されたことで、相手から「ありがとう」という感謝の言葉をもらえる瞬間が、整体師としてのやりがいを感じられる瞬間です。
ほかにも、様々な症状に触れることで、整体に関する知識がより深まっていきます。仕事を通して自分自身の成長をしっかりと実感できるということも魅力のひとつです。

整体師の苦労

整体師は、勤務時間中のほとんどが立ったままの状態です。一日に何人もの人に対して施術するため、体力を消耗します。
また、「施術をした後に痛みが出た」、「思っていた施術内容と違っていた」などといったクレームを受けることもあります。
整体師の仕事をしていて、ストレスがたまる人も少なくありません。休日はしっかりとセルフケアをして、ストレスをため込まないようにすることが大切です。

整体師の就職状況

整体師の主な就職先としては整体院ですが、他にも病院の整形外科や美容に特化したサロン、介護福祉業界などで活躍している整体師もいます。
整体師の就職先の幅は広く、需要も増加している傾向にあります。
、介護や美容などのプラスアルファの知識をつけておくと、就職が有利になるかもしれません。

他の業種からの転職について

ほかの業種で働き続け、ある程度年齢を重ねた社会人でも整体師を目指す人がいます。
整体師の業界は未経験の受け入れに寛容なところが多く、転職のハードルは低いといえます。
しかし、前の仕事と比べて収入が減少する可能性があったり、独立開業をした場合は競争率の高い世界であることから、必ず成功できるとは限りません。
整体師への転職を考える際は、転職に伴うリスクについても考えておきましょう。

整体師の働き方・休日

整体師の雇用形態は、正社員をはじめアルバイト、パートなど様々ですが、勤務時間は休日は職場によって異なります。
勤務時間は、基本的に1日8時間程度です。休日は週に1日休診日を定めている整体院や、無休で営業している整体院が多いことから、交代で週2日の休みをとるのが一般的といわれています。

まとめ

整体師は、手技のみを駆使して骨盤のゆがみや筋肉を調整する施術を行い、体の不調の改善を目指す仕事をしています。
整体師を目指すにあたり、必要となる資格はありませんが、整体師としての基礎的な知識や技術はしっかりと身に着けておきましょう。
就職先の幅は広いので、自分がどんな整体師になりたいのか、どんな職場で働きたいかなどのビジョンを明確に描いておくことが大切です。

前の記事

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。