柔道整復師の仕事内容とは?就職先や資格の取り方も解説

柔道整復師とは、いわゆる整骨院や接骨院の「先生」のことを指します。
柔道整復師は具体的にどのような仕事をするのかはご存知でしょうか?
今回の記事では、柔道整復師の仕事内容や資格の取り方、活躍の場などについて詳しく解説していきます。

柔道整復師の仕事内容

柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲・捻挫といった怪我に対して施術を行い、骨や関節、筋肉などを正常な状態へと戻します。
医師のように、手術や投薬などを行うことはできません。具体的には、以下の4つに分類される方法を用いた施術を行います。

  • 評価
    症状についてヒアリングしたり、損傷部位や必要に応じて全身を観察したり、触れたりした上で状態を把握します。
  • 整復法
    骨折、脱臼した骨や関節を元の状態に戻す方法です。患部によっては、必要に応じて助手の手を借りて整復することもあります。
  • 固定法
    骨折、脱臼、捻挫などをした場合に、ギプスや包帯、テーピングなどを使って患部を固定する方法です。
  • 後療法
    手技療法、運動療法、物理療法などを用いて、怪我で損傷した箇所の機能回復を図る方法です。

骨折や脱臼を治すために柔道整復師の施術を受ける場合は、事前に医師の同意を得る必要があります。
また、骨折・脱臼・打撲・捻挫といった怪我は、柔道整復師による施術も健康保険を利用して受けることができます。

柔道整復師の活躍の場

柔道整復師の活躍の場としては、整骨院・接骨院病院に加えて介護福祉施設スポーツ関係の現場にまで広がっています。
それぞれの場所で、柔道整復師はどのように活躍しているのかを解説していきます。

整骨院・接骨院

柔道整復師の主な就職先は整骨院・接骨院です。
捻挫や打撲などの怪我を治すことを目的とした人の他に、肩こりや腰痛など、体の不調の改善を求めて自費での施術を受けに来る人もいます。

整骨院・接骨院の中にはマッサージのような癒しのメニューを取り入れることで、他の整骨院と差別化を図っているところもあります。

病院

病院の整形外科も、柔道整復師の就職先としては人気があります。
患者に対する整復業務や電気治療、リハビリの指導などが主な仕事です。

医師や看護師、理学療法士など様々な分野での専門家がいるだけでなく、様々な症例に触れることができるため、仕事をしながらより深い知識を得られます。

介護福祉施設

柔道整復師は、介護福祉施設でも機能訓練指導員として働くことができます。
高齢者を対象とした筋力低下予防のためのリハビリやマッサージ、歩行訓練などを行うことが主な仕事です。

利用者の送迎も業務の一つとして組み込まれ、運転免許の所有が必須とされているところもあります。

スポーツ関係

スポーツチームや選手個人のトレーナーとして活動している柔道整復師もいます。
怪我をした選手に対して整復やテーピングを用いた固定、機能回復を図るための後療法などを駆使し、怪我からの復帰をサポートすることが主な仕事です。

また、プロスポーツに限らずスポーツジムやフィットネスクラブの指導員として働く柔道整復師もいます。

増加していく柔道整復師の需要

近年、高齢化社会や若者の健康意識の高まりに伴い、柔道整復師の活躍の場は増えてきています。
柔道整復師の需要は増加しているものの、手に職をつけたいという理由から柔道整復師を目指す人も増加しており、今後柔道整復師の業界での競争は激しくなっていくといわれています。

柔道整復師になるには?

柔道整復師になるには、柔道整復師の国家試験に合格する必要があります。
しかし、その受験資格は誰にでもあるというわけではありません。

柔道整復師の国家試験の受験資格を得るためには、柔道整復師養成課程のある大学や専門学校で3年以上学び、必要な科目を習得する必要があります。

大学や専門学校では、解剖学や生理学など体に関する知識のほか、外科学や整形外科学などの怪我に関する知識を学んだり、現場での実習が行われたりします。

柔道整復師に向いている人

柔道整復師に求められるのは、施術を受ける人がどのような不調を抱えていて、どのような施術を望んでいるのかを聞き取るための高いコミュニケーション能力です。
ヒアリングだけでなく、施術についての説明や経過の報告をする際に、分かりやすく伝えることで施術を受ける人の不安を軽減できます。

また、人体や健康に関する知識に興味があり、常に勉強する意欲がある人も柔道整復師に向いているといえます。

柔道整復術とは

柔道整復師が駆使する柔道整復術は、日本古来の武術のひとつである、柔術が起源とされています。

柔術は、戦う相手を殺傷するための殺法と、負傷者の蘇生や治療をするための活法の2つに分けられます。
殺法の技は、後世で競技として行われる柔道に発展していきました。
一方、活法から派生した方法が、整復や固定など負傷者に対する治療法として伝承され、現在の「柔道整復術」となったといわれています。

大学や専門学校では柔道により活法の概念や起源を学ぶために、柔道が必須科目とされているところが多いです。
しかし、柔道が苦手でも柔道整復師を目指すうえで不利になることはないようです。

柔道整復師と整体師の違い

柔道整復師と整体師は、どちらもマッサージ施術を行うため、混同されることも少なくありません。

両者の違いとしては、必須資格の有無や施術内容が挙げられます。

前述のように、柔道整復になるためには国家試験を受験し、柔道整復師の資格を取得する必要があります。
一方で整体師には、必須とされる資格がありません。つまり、誰であろうといつでも整体師を名乗ることができるというわけです。

また、柔道整復師は捻挫や打撲などの外傷に対する施術を行いますが、整体師は体の歪みの矯正や、リラクゼーション目的の施術がメインで、保険は適用されません。

まとめ

柔道整復師は、手術や投薬などを行わずに、骨折・脱臼・打撲・捻挫などの外傷に対して回復を図るための施術を行います。
柔道整復師を目指すには、高いコミュニケーション能力や人体の知識、健康について日々学ぶ意識を持つことが大切です。

柔道整復師の需要は様々な場所で高まっているため、働き方の選択肢も幅広いです。
柔道整復師の資格を取得出来たら、将来的にどのような柔道整復師に成長したいのか、自分の希望と照らし合わせながら就職先を探してみましょう。

次の記事

error: このコンテンツは保護されています。